【金銀】一般的な話のメモ

当たり前な人にとっては当たり前な話です。


孵化個数・A個体値に対するHBCDS理想個体誕生確率


f:id:poe_cbf:20190729222131j:plain:w650

(麻痺状態の)鈍いカビゴンミラーにおけるS関係と自爆の火力


この前yasuさんと金銀VCで対戦していたところ、
「こちらの麻痺状態の鈍い6積み50カビゴンが、相手の麻痺状態の鈍い5積み50カビゴンに先制」という事態が発生した。
これについては少し考えたら同速になっていただけだと分かったが、
(麻痺状態の)鈍いカビゴンミラーにおけるS関係と自爆の火力は把握しておきたいなと思い、表にすることにした。
※ダメージ計算は3代目魔人島様より


■鈍いカビゴンミラーにおけるS関係

f:id:poe_cbf:20190730201503j:plain:w650

■鈍いカビゴンミラーにおける自爆の火力

f:id:poe_cbf:20190730202855j:plain:w650

これらを見ると、

  • 「麻痺状態の55カビゴンにはほとんどの麻痺状態ではないカビゴンで先制できる」
  • 「同ランクの自爆では50カビゴンは瀕死、55カビゴンもほぼ瀕死」
  • 「AランクがBランクを下回っている場合の自爆は、積み合いが長引くほど特定のランク差に対する与ダメージが大きくなる(自爆をする側のメリットが大きくなり、自爆を受ける側のメリットが小さくなる)」

といったことが分かる。

ナッシーフシギバナムウマゲンガー・ハガネールゴローニャの比較


■ナッシーとフシギバナ


ムウマとゲンガー


ハガネールゴローニャ


バンギラスの対策精度


stoicさんのこの記事にあるように、例えば55サンダー+55バンギラスというWAはエースの役割が分離しすぎているため、
ヘラクロス入りなどを相手にすると選出択に占める割合が高くなってしまう。
この問題を解消するために、stoicさんの構築の場合は50ミルタンクを導入している。
これに限らず、「特定の相手をエースの1体以上+50の1体以上で対策する」という構築方針は一つの理想的なアプローチであると思われる。
(特に対ヘラクロスに関しては、こらきしによる詰みの要素もある。)
このように全ての相手に対して明確な解答を持つに越したことはないが、メタをどこまで追うべきかという問題もあるため、
実戦では場合によっては対○○を「選出択に任せる」「爆破処理する」「立ち回りでどうにかする」といったルートを取ることもあるだろう。
ただ、対バンギラスに関しては「最悪爆破処理する」というルートを取れず、
処理ルートの一つを予め潰された形になっているため、そうした観点からも精度の高い対策の必要性を感じた。
(複数エース編成において、「特定の相手をエースの1体のみで対策する」という方針は基本的に○○対策として万全ではないと思うが、特に対バンギラスに関してはよりそうであるかもしれない。)

【前期GBA】第4回エメラルドミーティング使用構築:ヘラクロス入り

stoicさん主催の第4回エメラルドミーティングで、前期シングルの対戦をしました。
ここでは使用構築と、対戦内容について触れていきたいと思います。

【構築】

レジアイス@カゴのみ/クリアボディ
穏やか 187-63-121-149-242-73 (個体値:31-31-31-31-30-30)
冷凍ビーム/10万ボルト/眠る/大爆発

ミロカロス@食べ残し/不思議な鱗
図太い 201-*-144-121-146-102
波乗り/毒々/守る/自己再生

ボーマンダ@竜の牙/威嚇
控えめ 171-*-107-170-100-152 (個体値:31-19-31-30-31-31)
ドラゴンクロー/大文字/ハイドロポンプ/めざ電

ヘラクロス@拘り鉢巻/根性
意地 155-194-95-*-139-113 (個体値:31-31-30-15-30-30)
メガホーン/瓦割り/めざ岩/気合パンチ

ソルロック@オボンのみ/浮遊
意地 175-132-105-*-115-90
岩雪崩/リフレクター/光の壁/大爆発

フーディン@ラムのみ/シンクロ
控えめ 131-*-66-204-106-171 (個体値:31-6-31-30-31-30)
サイコキネシス/めざ炎/瞑想/アンコール


以下解説。

続きを読む

【金銀/GBA】第7回ヒストリアカップ+雑記

簡単に書いていきます。
(元々書いていた金銀+GBAの雑記記事にオフの結果を付け足しているので変なバランスになっています。)


第7回ヒストリアカップ


ゴールドさん主催の第7回ヒストリアカップに参加しました。

【構築】

55サンダー@食べ残し
雷/めざ氷/威張る/吹き飛ばし

55ミルタンク@光の粉
恩返し/電磁砲/鈍い/ミルク飲み

50カビゴン@薄荷の実
のしかかり/地震/眠る/自爆

50パルシェン@奇跡の実
冷凍ビーム/波乗り/撒き菱/大爆発

50ナッシー@先制の爪
サイコキネシス/めざ虫/眠り粉/大爆発

50カイリキー@黄金の実
クロスチョップ/地震/岩雪崩/めざ虫


【変更点について】

第40回あんぐらオフで使用させて頂いたサンダータンクWAから、以下の3点を変更した構築を使用しました。

  • サンダー:身代わり→吹き飛ばし
  • ミルタンク:影分身→電磁砲
  • ナッシー:宿り木の種→大爆発


まずサンダーの吹き飛ばしについては、

  • 一撃ありルールであるためフシギバナブラッキーが少ない
  • 一撃ケンタロスやサンダーを見た身代わりを飛ばせる
  • バトン戦術相手にサンダーを選出できる
  • サンダー昆布の筋を残せる

という理由で身代わりから変更した。
ミルタンクの電磁砲は、やはり霊打点がほしいと思ったことが第一義。
電磁砲@光の粉、という型は影分身@光の粉やピンクのリボン持ちに比べて中途半端な型かもしれないが、妥協点を探した結果こうなった。
ナッシーの大爆発は、実機の催眠技が強いこと、大爆発がほしい局面も多いことから宿り木の種を切って採用した。
しかし、宿り木の種は一撃技を見れる影分身に対して有効な手段になるため、この選択は難しい。


【対戦結果】

3勝2敗で予選落ちでした。

■予選

  • ERRORさん ○

55ケンタロス 55ガラガラ 50マルマイン 50ドーブル 50カビゴン 50ナッシー
→ 50マルマイン 55ケンタロス 50ドーブル | poe:50カビゴン 55ミルタンク 50ナッシー

  • ユウさん ○

55スターミー 55バンギラス 50カビゴン 50サンダー 50ガラガラ 50ナッシー
→ 50カビゴン 55スターミー 50サンダー | poe:50カビゴン 50ナッシー 55ミルタンク

  • エンドウさん ○

55フーディン 55カビゴン 50ハガネール 50キングドラ 50サンダー 50ムウマ
→ 50サンダー 50ムウマ 55カビゴン | poe:50パルシェン 50カビゴン 55ミルタンク

  • らてさん ×

55バンギラス 55ニョロボン 50ハガネール 50サンダー 50キングドラ 50ムウマ
→ 55バンギラス 50ムウマ 50ハガネール | poe:50パルシェン 50カビゴン 55サンダー

  • pasaさん ×

55レアコイル 55スターミー 50ギャラドス 50ナッシー 50ゴローニャ 50カビゴン
→ 55レアコイル 50ナッシー 50ゴローニャ | poe:50カビゴン 50ナッシー 55サンダー


主催のゴールドさんならびにスタッフの皆様、参加された皆様はお疲れ様でした&ありがとうございました。
今後も精進していきたいです。

以下は雑記です。

金銀VC・一撃あり2000ルールにおけるパルシェン


従来の金銀パルシェンカビゴンの前で変化技や冷凍ビームを撃ったり、
奇跡パルシェンが非めざ草ナッシーに冷凍ビームを撃ち込んだりする光景はしばしば見られたと思われる。
ただ、一撃ありルールでのパルシェンカビゴン対面は、パルシェンが地割れで一撃で倒されるリスクがあるため悠長な行動を取りにくい。
また、実機によりナッシーのめざ草が判明していない中でパルシェンがナッシーに突っ張るという選択肢も取りにくくなる。
つまり、実機の一撃ありルールでは一部の上位キャラに対するパルシェンの立ち回りが若干窮屈になっており、これが選出にも影響を与えている。
パルシェン側から見た構成未確定のナッシー側の行動は、

あたりが有力と思われるが、全部をケアするのはなかなか難しい気がする。
このため、パルシェンナッシー対面でパルシェン側が即大爆発を選択する正当性も増し、(めざ草)ナッシー側もそれを考慮した上で動きたい。

55ミルタンクの対55カビゴン+霊(ムウマ)


(55ミルタンク一般というよりほぼサンダータンクWAの話)

55ミルタンクは光の粉+影分身まで持つと対55地割れカビゴンの精度が高くなり、爆裂パンチを持つと広範囲に打点を持てるが、
霊打点がないミルタンクは相手の霊込み選出をこちらの裏から崩さなければならない。
その上で相手がバンギラスとのWAの場合は鈍いなし自爆カビゴンで霊を受けにいくことが躊躇われ、
相手の50に硬い格闘受け(フシギバナサンダースターミーなど)がいる場合はカイリキーを選出して有利を取れるかよく分からず、
パルシェンやナッシーでの霊受けは霊の攻撃技に左右されるため安定感がない。
話が飛躍するが、ミルタンクに電気技or地震を持たせて霊打点を確保する方がいいような気もする。
この中なら、カビゴンの居座りに対して最も綾を付けられる電磁砲が有力か。
55ミルタンクは、元々の仮想敵である55カビゴンや55ケンタロスに一撃技という強力な選択肢が加わったことで型の選択が難しくなっていると感じる。

ハピナス入り構築の導出過程


ここから先はGBAシングルの話。

「poeさんは"受け"構築が好き」といったようなことを言われることがある。
ここ2年半ほどの自分の構築を見るとそういった印象を抱きがちなのかもしれず、
他の人が抱く印象なのでそれについてどうこう言うことはできない。

以下に書くことは大半の人にとってはどうでもいいことであるが、
自分の受け構築は「いわゆる"受け"構築を組もう」としてできたものではない。
2016年頃はカビパに行き詰まりを感じており(環境全体としてカビパに進展がなかった)、
「実機のラティありルール」という枠組みの中で様々な相手(カビパの穴になりがちないばみが等を含む)に対して全対応を目指したスタートがハピナスだった。
※実機はハピナス入り構築で面倒になるスイクンが少なく、ラティありルールはラティなしルールよりもハピナスが動きやすい
他の要素は全てその補完・穴埋めで、結果的に受け構築になったということである。
つまり、受け構築は受け構築でも導出過程が違う。
(お遊び的に使い始めた型や並びが実は強かった、なんてこともあるので、導出過程は必ずしも重要ではないけど笑)

(受け構築の)ハピナスの技構成・持ち物・特性


いばみが型以外のハピナスの話。
受け構築はこの記事を最後に特に考えていない・使っていないが、思考を抽出しておく。

受け構築のハピナスの構成は、10万ボルト/冷凍ビーム/瞑想/卵産み@先制の爪/天の恵みが、

を実現できる型となっている。
しかし、当然ながら対瞑想に関してはほぼ5分の勝負を仕掛けているに過ぎないため、安定感がない。
この点を解消するためにピントレンズや光の粉を持たせる(先制の爪を手放す)と身代わりスイクン(ラティ)が無理になるため、これらに対して選出択が生じてしまう。
つまり、上記の条件をなるべく満たしたまま対瞑想の勝率向上を目指すには、切るところは切らなければならない。

冷凍ビーム/地球投げ/毒々/卵産み@先制の爪、等でも悪くはないと思うが、
この型は瞑想眠るスイクンを素眠りに追い込むことしかできないため、例えばカビグロスサンダースイクンのような並びを見ると選出幅が非常に狭まってしまう。
冷凍ビーム/地球投げ/電磁波/卵産み@先制の爪として、裏を少し攻撃的にする形も良いかもしれない(瞑想ハピナスといばみがハピナスの中間のようなイメージ)。

【GBA】第7回くどオフ使用構築(上位制限ルール):ハピラグゲンガー

1192さん主催の第7回くどオフで使用した構築です(ルールについては後述)。
結果は5勝1敗で予選1位抜け、決勝トーナメント2勝1敗で準優勝でした。

【構築】

ハピナス@食べ残し/自然回復
穏やか 337-*-61-*-180-93
地球投げ/電磁波/威張る/身代わり

ヘラクロス@拘り鉢巻/根性
意地 156-194-95-*-115-137 (個体値:31-31-30-15-30-31)
メガホーン/瓦割り/岩雪崩/めざ霊

サーナイト@オボンのみ/トレース
臆病 158-*-86-162-136-145
サイコキネシス/10万ボルト/鬼火/瞑想

ラグラージ@カムラのみ/激流
臆病 206-*-112-105-110-123
波乗り/がむしゃら/身代わり/吠える

ゲンガー@ラムのみ/浮遊
臆病 163-*-93-151-96-168
10万ボルト/冷凍パンチ/鬼火/威張る

トドゼルガ@カゴのみ/厚い脂肪
図太い 217-*-156-115-110-86
冷凍ビーム/絶対零度/アンコール/眠る


以下解説。

続きを読む

【GBA】第1回関東エメラルドオフレンタル構築まとめ

第1回関東エメラルドオフでレンタルした構築をまとめておきます。

  • ラティなし後期シングル①(使用者:yasuさん)
  • ラティなし後期シングル②(使用者:たけみさん)
  • ラティなし前期シングル:毒まもミロカロス入り

続きを読む