【剣盾】構築:オーロンゲ壁展開

ランクマッチS1~S2で使っていたシングル構築です。

【構築】

f:id:poe_cbf:20200112155438j:plain:w650


ドラパルト@拘り眼鏡/すり抜け
臆病 163-*-96-152-95-213
流星群/シャドーボール/10万ボルト/火炎放射

ドリュウズ@弱点保険/砂かき
陽気 185-187-81-*-85-154
地震/アイアンヘッド/岩雪崩/角ドリル

アーマーガア@タラプのみ/ミラーアーマー
陽気 205-107-125-*-106-130
ブレイブバード/ビルドアップ/挑発/羽休め

ギャラドス@ラムのみ/自信過剰
陽気 171-177-99-*-120-146
滝登り/飛び跳ねる/パワーウィップ/竜の舞

ラプラス@突撃チョッキ/貯水
控えめ 221-94-117-147-116-83
泡沫のアリア/フリーズドライ/絶対零度/氷の礫

オーロンゲ@光の粘土/悪戯心
慎重 202-141-106-*-114-83
ウルクラッシュ/電磁波/リフレクター/光の壁


以下、簡単に解説。

続きを読む

【金銀】シロガネリーグ使用構築:55ライコウミルタンクWA

yasuさん・ビーンさん主催のシロガネリーグで使用した構築です。
結果は4勝1敗で予選1位抜け、決勝トーナメント3勝1敗で準優勝でした。

【構築】

55ライコウ@食べ残し
雷/リフレクター/吠える/眠る

55ミルタンク@ピンクのリボン
恩返し/爆裂パンチ/鈍い/ミルク飲み

50カビゴン@薄荷の実
のしかかり/大文字/眠る/自爆

50パルシェン@奇跡の実
冷凍ビーム/撒き菱/鈍い/大爆発

50ナッシー@黄金の実
サイコキネシス/めざ虫/眠り粉/宿り木の種

50ヘラクロス@麻痺直しの実
メガホーン/起死回生/堪える/毒々


117さんのこちらの記事にあるライコウミルタンクWAとほぼ同じ形で、ライコウのめざ氷を眠るに変更したもの。
元々が素晴らしい構築なので私が多くを語ることはできないが、以下に個人的な解釈と対戦ログを記述させて頂きたいと思う。

続きを読む

【GBA】第2回関東エメラルドオフ使用構築:呪い電磁波ジュペッタ入り

第2回関東エメラルドオフのチーム大会で使用したラティあり後期シングル構築です。
結果は個人4勝1敗、チーム6勝9敗でした。

【構築】

ジュペッタ@オボンのみ/不眠
腕白 170-135-121-*-92-85
シャドーボール/鬼火/電磁波/呪い

カビゴン@ラムのみ/免疫
慎重 255-131-117-*-156-51
のしかかり/シャドーボール/カウンター/自爆

ラティアス@食べ残し/浮遊
臆病 187-*-111-130-150-178
ドラゴンクロー/甘える/瞑想/身代わり

ラグラージ@拘り鉢巻/激流
やんちゃ 175-178-115-105-99-108
地震/のしかかり/岩雪崩/ハイドロポンプ

バシャーモ@カムラのみ/猛火
無邪気 155-141-90-162-81-145
大文字/起死回生/剣の舞/身代わり

ソーナンス@ウイのみ/影踏み
図太い 290-*-121-*-83-56
カウンター/ミラーコート/アンコール/道連れ


以下、簡単に解説。

続きを読む

【金銀】一般的な話のメモ

当たり前な人にとっては当たり前な話です。


孵化個数・A個体値に対するHBCDS理想個体誕生確率


f:id:poe_cbf:20190729222337j:plain:w650

(麻痺状態の)鈍いカビゴンミラーにおけるS関係と自爆の火力


この前yasuさんと金銀VCで対戦していたところ、
「こちらの麻痺状態の鈍い6積み50カビゴンが、相手の麻痺状態の鈍い5積み50カビゴンに先制」という事態が発生した。
これについては少し考えたら同速になっていただけだと分かったが、
(麻痺状態の)鈍いカビゴンミラーにおけるS関係と自爆の火力は把握しておきたいなと思い、表にすることにした。
※ダメージ計算は3代目魔人島様より


■鈍いカビゴンミラーにおけるS関係

f:id:poe_cbf:20190730201503j:plain:w650

■鈍いカビゴンミラーにおける自爆の火力

f:id:poe_cbf:20190730202855j:plain:w650

これらを見ると、

  • 「麻痺状態の55カビゴンにはほとんどの麻痺状態ではないカビゴンで先制できる」
  • 「同ランクの自爆では50カビゴンは瀕死、55カビゴンもほぼ瀕死」
  • 「AランクがBランクを下回っている場合の自爆は、積み合いが長引くほど特定のランク差に対する与ダメージが大きくなる(自爆をする側のメリットが大きくなり、自爆を受ける側のメリットが小さくなる)」

といったことが分かる。

ナッシーフシギバナムウマゲンガー・ハガネールゴローニャの比較


■ナッシーとフシギバナ


ムウマとゲンガー


ハガネールゴローニャ


バンギラスの対策精度


stoicさんのこの記事にあるように、例えば55サンダー+55バンギラスというWAはエースの役割が分離しすぎているため、
ヘラクロス入りなどを相手にすると選出択に占める割合が高くなってしまう。
この問題を解消するために、stoicさんの構築の場合は50ミルタンクを導入している。
これに限らず、「特定の相手をエースの1体以上+50の1体以上で対策する」という構築方針は一つの理想的なアプローチであると思われる。
(特に対ヘラクロスに関しては、こらきしによる詰みの要素もある。)
このように全ての相手に対して明確な解答を持つに越したことはないが、メタをどこまで追うべきかという問題もあるため、
実戦では場合によっては対○○を「選出択に任せる」「爆破処理する」「立ち回りでどうにかする」といったルートを取ることもあるだろう。
ただ、対バンギラスに関しては「最悪爆破処理する」というルートを取れず、
処理ルートの一つを予め潰された形になっているため、そうした観点からも精度の高い対策の必要性を感じた。
(複数エース編成において、「特定の相手をエースの1体のみで対策する」という方針は基本的に○○対策として万全ではないと思うが、特に対バンギラスに関してはよりそうであるかもしれない。)

【前期GBA】第4回エメラルドミーティング使用構築:ヘラクロス入り

stoicさん主催の第4回エメラルドミーティングで、前期シングルの対戦をしました。
ここでは使用構築と、対戦内容について触れていきたいと思います。

【構築】

レジアイス@カゴのみ/クリアボディ
穏やか 187-63-121-149-242-73 (個体値:31-31-31-31-30-30)
冷凍ビーム/10万ボルト/眠る/大爆発

ミロカロス@食べ残し/不思議な鱗
図太い 201-*-144-121-146-102
波乗り/毒々/守る/自己再生

ボーマンダ@竜の牙/威嚇
控えめ 171-*-107-170-100-152 (個体値:31-19-31-30-31-31)
ドラゴンクロー/大文字/ハイドロポンプ/めざ電

ヘラクロス@拘り鉢巻/根性
意地 155-194-95-*-139-113 (個体値:31-31-30-15-30-30)
メガホーン/瓦割り/めざ岩/気合パンチ

ソルロック@オボンのみ/浮遊
意地 175-132-105-*-115-90
岩雪崩/リフレクター/光の壁/大爆発

フーディン@ラムのみ/シンクロ
控えめ 131-*-66-204-106-171 (個体値:31-6-31-30-31-30)
サイコキネシス/めざ炎/瞑想/アンコール


以下解説。

続きを読む